お問い合わせ先contact

日本赤十字社 徳島赤十字病院

〒773-8502
徳島県小松島市小松島町字井利ノ口103番
電話番号:0885-32-2555(代)
FAX番号:0885-32-6350

当院への行き方access

当院への行き方を印刷
日本赤十字社 徳島赤十字病院への地図

駐車場のご利用について

駐車場利用は、原則24時間以内に限らせていただきます。入院患者さまご自身の駐車はご遠慮ください。やむを得ない事情により駐車される場合は、1日につき1,000円の駐車料金をいただきます。またご家族であっても、入退院時の送迎や手術日当日、当院からの要請でお越しいただいた場合を除き、有料となっています。ご協力をお願いします。

料金・支払い

  • 駐車後30分を過ぎると1時間につき100円
  • 10時間以上24時間以内 1日につき1,000円
  • 支払いは外来棟1階西側玄関横にある事前精算機をご利用ください
    (料金支払い後、20分までは無料)
  • 駐車場出口での支払いは硬貨および1,000円札のみ使用できます

駐車料金が無料になる場合

  • 駐車30分以内
  • 外来受診の方*1
  • 入退院時の送迎(各1回)*2
  • 当院からの要請でお越しいただいた場合*2

*1:外来棟2階「外来総合案内」「A・Bブロック受付」で駐車券をご提示ください
*2:病棟スタッフに駐車券をご提示ください

日本赤十字社 徳島赤十字病院の駐車場への地図

無人管理となっていますので、ご質問等ありましたら外来棟2階「外来総合案内」までお声かけください。

公共交通機関で来院される場合

JRでの来院

南小松島駅より徒歩約10分
JR四国 外部サイト 別ウィンドウで開く

バスでの来院

「日赤病院前」または「日赤病院玄関前」下車すぐ
とくしまバスNavi 外部サイト 別ウィンドウで開く

沿革

沿革(~1999年)
1949年 9月 小松島町立診療所が日本赤十字社徳島県支部に移管され支部診療所として発足
1950年 3月 本館新築工事竣工(昭和24年11月着工)
4月 病院開設許可を受け、支部診療所を小松島赤十字病院と改称し内科、外科、放射線科の診療開始(60床)
8月 眼科、産婦人科の診療開始
1951年 3月 第1病棟(100床)及び試験室増築工事竣工
6月 許可病床数112床となる
12月 海部郡浅川村に分院として浅川診療所を設置
1952年 4月 小松島市委託伝染病棟(16床)併設。徳島県立高等看護学校を併設し看護婦の養成開始
5月 第2病棟(36床)増築工事竣工
5月 小児科、耳鼻咽喉科の診療開始
6月 総合病院の承認を得る
9月 第3病棟(50床)増築工事竣工、許可病床数214床となる
1953年 8月 徳島県から「乳児院」の業務委託を受け運営開始
1954年 4月 整形外科診療開始
4月 徳島県立高等看護学校が日本赤十字社徳島県支部に移管され小松島赤十字高等看護学院となる
8月 第5病棟(60床)増築工事竣工
9月 許可病床数262床となる(一般91床、結核155床、伝染16床)
9月 血液銀行を新設し血液事業を開始
1955年 5月 浅川診療所廃止
1958年 9月 結核病床45床を一般病床に転用(一般136床、結核110床、伝染16床)
1959年 5月 皮膚泌尿器科診療開始
6月 徳島県から肢体不自由児施設「ひのみね学園」の業務委託を受け運営開始
6月 看護婦宿舎(第一清鶯寮)新築工事竣工
1960年 1月 許可病床数350床となる(一般224床、結核110床、伝染16床)
1962年 3月 第7病棟(77床)増築工事竣工
11月 併設の血液銀行が分離され徳島県赤十字血液銀行となる
1963年 1月 歯科診療開始
2月 許可病床数390床となる(一般260床、結核114床、伝染16床)
1964年 7月 麻酔科新設
1965年 4月 徳島県から受託の「ひのみね学園」、「乳児院」を病院業務より分離
1966年 9月 脳神経外科診療開始
1967年 3月 心臓外科診療開始
6月 許可病床数416床となる(一般286床、結核114床、伝染16床)
7月 仁木イワノ看護部長、第21回フローレンス・ナイチンゲール記章受章
1968年 5月 第一期増改築工事竣工(本館200床)、ガン治療棟竣工
5月 精神神経科診療開始。皮膚科、泌尿器科を分離
1969年 12月 救急病院として告示される
1972年 5月 結核病床26床を一般病床に転用(一般312床、結核88床、伝染16床)
1973年 11月 第二期増改築工事竣工(新館265床)
11月 小松島市ほか2町総合隔離病舎改築工事竣工(25床)
11月 許可病床数464床となる(一般312床、結核68床、精神59床、伝染25床)
1975年 3月 結核病床18床を一般病床に転用(一般330床、結核50床、精神59床、伝染25床)
10月 武田七郎院長、藍綬褒章受章
1976年 4月 学校教育法の一部改正に伴い、小松島赤十字高等看護学院の名称を小松島赤十字看護専門学校と改称
1977年 3月 小松島赤十字看護専門学校及び宿舎改築工事竣工。養成定員90名となる
8月 院内託児所新築工事竣工
10月 院内託児所開所(定員30名)
1979年 12月 第三期増改築工事竣工(50床)
1980年 1月 小児外科診療開始
1月 心臓外科を循環器科に名称変更
2月 許可病床数514床となる(一般380床、結核50床、精神59床、伝染25床)
2月 三期にわたる整備計画の完了に伴い各建物の呼称を1号棟(本館)、2号棟 (新館)、3号棟(第三期建物)と改称
4月 創立30周年記念式典並びに第三期増改築工事落成式を挙行
6月 武田院長退任、同日付で名誉院長の称号を授与
6月 谷本副院長が院長に就任
1982年 4月 武田七郎名誉院長、勲三等瑞宝章受章
6月 谷本院長退任、7月1日付で名誉院長の称号を授与
7月 松森副院長が院長に就任
10月 小松島赤十字看護専門学校創立30周年記念式典挙行
1983年 6月 結核病床20床を一般病床に転用(一般400床、結核30床、精神59床、伝染25床)
8月 モービルICU運行開始
1984年 9月 第一回救急医療功労者県知事表彰受賞
1985年 9月 救急医療功労者厚生大臣表彰受賞
1987年 12月 許可病床数564床となる(一般450床、結核30床、精神59床、伝染25床)
1989年 11月 第四期増改築工事起工式
1991年 3月 第四期増改築工事竣工(4号棟、5号棟)
4月 創立40周年記念式典並びに第四期増改築工事落成式を挙行
4月 健診部新設
6月 形成外科診療開始
1992年 4月 理学診療科新設
1993年 4月 呼吸器科診療開始
4月 徳島県南部医療圏における救命救急センターに指定される
1996年 10月 徳島県地域災害医療センターに指定される
11月 医療法の一部改正に伴い、理学診療科の名称をリハビリテーション科と変更
1997年 3月 松森院長退任、4月1日付で名誉院長の称号を授与
4月 片岡副院長が院長に就任
4月 松森茂名誉院長、勲三等瑞宝章受章
1998年 3月 心臓血管外科新設
5月 徳島県臓器移植コーディネーター設置推進事業受託
7月 救急部新設
1999年 4月 伝染病床(25床)を廃止(一般450床、結核30床、精神59床)
4月 病理部新設
沿革(2000年~)
2000年 2月 1号棟3階の病棟を廃止し、アネックスに転用する
3月 結核病床(30床)を廃止(一般450床、精神59床)
4月 臨床研修指定病院に指定される
9月 精神病床(39床)を減床(一般450床、精神20床)
2001年 4月 病院名を「徳島赤十字病院」に改称
6月 日本医療機能評価機構による病院機能評価(Ver3.1)の認定病院となる
10月 地域医療支援病院に指定される
11月 米国病理学会(CAP)認定を取得
2002年 3月 小松島赤十字看護専門学校を閉校。院内託児所閉所
4月 救命救急センターが国の指定となる
4月 小児救急医療拠点病院に指定される
4月 臨床研修看護師制度を開始
10月 紹介率80%の地域医療支援病院となる
2003年 4月 消化器科新設、内科・外科を主体として臓器別診療科に再編
10月 ISO9001:2000認証取得
10月 移転新築工事起工式
2004年 4月 新医師臨床研修制度での研修(単独型)を開始
2005年 9月 検査部ISO15189認定取得
2006年 1月 移転新築工事竣工
4月 歯科を廃止
4月 診断群分類別包括評価(DPC)対象病院となる
5月 新病院開院(一般405床)
5月 精神病床(20床)を廃止。精神神経科を神経科と精神科に変更
5月 (社)照明学会「照明普及賞優秀施設賞」を受賞
5月 「徳島県ひとにやさしいまちづくり条例」で定める整備基準の適合施設となる(2007年9月条例廃止)
6月 日本医療機能評価機構による病院機能評価(Ver5.0)の認定病院となる
2007年 1月 地域がん診療連携拠点病院に指定される
4月 血管内治療科新設
10月 (財)都市緑化技術開発機構主催、第6回屋上・壁面・特殊緑化技術コンクール屋上緑化部門「審査委員会特別賞」を受賞
12月 NPO法人卒後臨床研修評価機構による臨床研修評価の認定病院となる
2008年 4月 (社)日本医療福祉建築協会「医療福祉建築賞2007」を受賞
8月 徳島県医師同乗救急ヘリコプターの搭乗医師の確保業務を受託(基幹病院)
2009年 4月 循環器科を循環器内科に変更
4月 管理型臨床研修病院に指定変更
5月 基幹型臨床研修病院に指定名称変更
5月 日本医療機能評価機構による付加機能「救急医療機能」の認定病院となる
6月 高度救命救急センターに指定される
10月 ISO9001を2008年版で登録更新
2010年 3月 病院棟4階医局拡張工事及び病院棟1階仮眠室増築工事竣工
7月 患者図書室「はなみずき」開設
2011年 1月 創立60周年記念フォーラム開催
2月 (財)骨髄移植推進財団による非血縁者間骨髄採取施設・移植診療科に認定
3月 片岡院長退任、4月1日付で名誉院長の称号を授与
4月 日浅副院長が院長に就任
4月 地域周産期母子医療センターに認定される
6月 日本医療機能評価機構による病院機能評価(Ver6.0)の認定病院となる
2012年 2月 へき地医療拠点病院に認定される
3月 院内保育園新築工事竣工
4月 「ぽんぽこ保育園」開園
4月 臨床研修薬剤師制度を開始
4月 呼吸器科を呼吸器内科と呼吸器外科に変更
4月 「ホスピタルカフェ」の運営を開始
9月 救急医療功労者県知事表彰受賞
10月 徳島県赤十字有功会からモービルICUの寄贈
2013年 1月 産科医療功労者厚生労働大臣表彰受賞
4月 産婦人科を産科・婦人科に変更
9月 救急医療功労者厚生労働大臣表彰受賞
9月 ISO15189認証を返上
2014年 3月 神経科を廃止
4月 神経内科新設
5月 病理部を病理診断科に変更
5月 ハイブリッド手術室新設工事竣工
11月 片岡名誉院長、瑞宝小綬章受章
2015年 4月 産科・婦人科を産婦人科に変更
10月 ISO9001:2000認証を返上。自主運営を開始する
2016年 4月 増築・改修工事起工式
4月 入院サポートセンター開設
6月 日本医療機能評価機構による病院機能評価(3rdG:Ver.1.1)の認定病院となる
6月 ラピッドレスポンスカー運行開始
2017年 9月 西棟増築工事竣工
12月 腎臓内科を新設、救急部・集中治療科部を救急科へ変更
2018年 4月 神経内科を脳神経内科に変更
7月 既存建物の改修工事が完了
10月 旧アンギオ室を手術室へ改修、手術室を12室体制とする
2019年 3月 日浅院長退任、4月1日付で名誉院長の称号を授与
4月 後藤副院長が院長に就任
11月 小児がん連携病院に指定される
2020年 4月 乳腺外科を新設。血液科を血液内科、代謝・内分泌科を糖尿病・内分泌内科に変更