お問い合わせ先contact

日本赤十字社 徳島赤十字病院

〒773-8502
徳島県小松島市小松島町字井利ノ口103番
電話番号:0885-32-2555(代)
FAX番号:0885-32-6350

当院への行き方access

当院への行き方を印刷
日本赤十字社 徳島赤十字病院への地図

駐車場のご利用について

駐車場利用は、原則24時間以内に限らせていただきます。入院患者さまご自身の駐車はご遠慮ください。やむを得ない事情により駐車される場合は、1日につき1,000円の駐車料金をいただきます。またご家族であっても、入退院時の送迎や手術日当日、当院からの要請でお越しいただいた場合を除き、有料となっています。ご協力をお願いします。

料金・支払い

  • 駐車後30分を過ぎると1時間につき100円
  • 10時間以上24時間以内 1日につき1,000円
  • 支払いは外来棟1階西側玄関横にある事前精算機をご利用ください
    (料金支払い後、20分までは無料)
  • 駐車場出口での支払いは硬貨および1,000円札のみ使用できます

駐車料金が無料になる場合

  • 駐車30分以内
  • 外来受診の方*1
  • 入退院時の送迎(各1回)*2
  • 当院からの要請でお越しいただいた場合*2

*1:外来棟2階「外来総合案内」「A・Bブロック受付」で駐車券をご提示ください
*2:病棟スタッフに駐車券をご提示ください

日本赤十字社 徳島赤十字病院の駐車場への地図

無人管理となっていますので、ご質問等ありましたら外来棟2階「外来総合案内」までお声かけください。

公共交通機関で来院される場合

JRでの来院

南小松島駅より徒歩約10分
JR四国 外部サイト 別ウィンドウで開く

バスでの来院

「日赤病院前」または「日赤病院玄関前」下車すぐ
とくしまバスNavi 外部サイト 別ウィンドウで開く

徳島赤十字病院について

理念philosophy

私たちは断らない医療を実践し、
みなさまの健康と尊厳をお守りします。

原則

1.自由

自由は創造の原点。組織は個人の集合体である。職員一人ひとりの尊厳を守る基本は、個々の発想や思想の自由を尊重することにある。生き生きとした個人により構成された組織でない限り、組織の発展はありえない。

2.高度先進医療

この病院は、常に世界の先端をいく医療を維持し、それを地域の人達に提供し続けなければならない。医療の資質向上は、究極的には全世界の人々が対象となるが、病院としての性格上、まず地域の人々に充分満足してもらえる医療を提供することから始まるものである。これは、時代が変わっても、病院組織である限り変わることのない原則である。地域に対する医療提供者としての責務を、常に忘れてはならない。

3.教育

教育とは、人間の創造性を高める研修、訓練、人間相互の励まし合い、助け合いの中から生まれる個々の人間の成長、これが組織における教育の重要性であり、常に自己研鑽が出来る病院でなければならない。

4.文化の創造

病院は、疾患治療の場のみでなく、いろんな人々の知性の集まる場所でもある。これからの病院医療も、人間学、人間科学としての概念を持ち、疾患を持つ人々からも知的情報をできる限り与えて戴き、それらの人々にも参加して戴き、病院の場での文化創造を考える。また、そのような情報を人間社会(世界)に発信することが重要なこととなってくる。人類の未来に対する発信を、病院としての組織体から生み出すことが大切であり、病院職員は、常にその意識を持って行動することである。

5.世界性

視野を世界に持つ。医師をはじめとして、病院職員の全てが常に世界に目を向けることは、非常に大切なことである。世界からあらゆる情報を受けとり、正確に分析、理解し、適切な判断を下すこと、また、自分達が創造した情報を常に世界に発信することも大切である。情報取得の道は待つだけでなく、発信することにより大きな道が開かれることを認識することである。

基本方針

  • 一、 いかなる差別もせず、最も助けが必要な人を優先し、病める人々とそのご家族の健康と尊厳をお守りします。
  • 一、 医療安全を第一に、質の高い先進医療を提供します。
  • 一、 高い専門性を希求しながらも、救急医療を原点としてとらえ、すべての患者さんを受入れます。
  • 一、 地域の医療ネットワークを生かし、互いの力を結集し、安心して暮らせる社会づくりに貢献します。
  • 一、 赤十字としての自主性を保ちながら、国内外の災害救護活動に積極的に取り組みます。
  • 一、 教育研修を推進し、将来を担う人間性豊かな医療人を育成します。
  • 一、 相互扶助を組織の文化として、人にやさしく働きがいのある病院を目指します。

これらの品質方針に適合した病院運営を行うために、品質マネジメントシステムの有効性を検証し、継続的に改善していきます。

患者中心の医療と職員に優しい病院の両立を目指しています

徳島日赤病院長

徳島赤十字病院のホームページを訪れていただき、ありがとうございます。このウェブサイトは、当院の最新情報をできるだけ分かりやすく公開することを目的として日々更新されています。

当院は若い医師が多く在籍し、活発に高度先進医療に取り組んでいます。その現況については、各診療科のサイトをどうぞご覧ください。最近のトピックスは、WATCHMANデバイスを用いた左心耳閉鎖術に関する話題(WATCHMAN ―左心耳閉鎖術―)です。このような高度先進医療と三次救急を担う高度救命救急センターとしての機能を維持しながら、時代の宿痾であるCOVID-19診療にも徳島県の重点医療機関として貢献してまいります。

さて、当院は405床の高度急性期・急性期病床を有する、DPC特定病院群(旧2群)に属する病院です。回復期の患者さんをお願いするたくさんの連携病院に恵まれて、高い病床稼働率と短い平均在院日数を維持することにより効率的なベッド運用を行い、断らない医療を実践しています。これは、連携施設のご尽力の賜物であるとともに、職員とボランティアの努力の結晶であると確信しています。地域医療を支えるみなさんに応えるためにも、良きワークライフバランスが確立した、患者さんにも職員にも優しい病院を目指して、様々な努力を続けてまいります。

当院の公式Facebook(外部サイト、別ウィンドウで開く)もどうぞご覧ください。

「パンは半分でも無いよりはまし」と考えたこと

本年もコロナ禍を乗り越えつつ、地域の皆さまの生命と尊厳をしっかりお守りするために頑張りたいと思います。

しかし、そうは申しながらもベッドが足りません。すでに新型コロナウイルス感染症(COVID-19)患者専用に病棟を一つ隔離してから17か月が過ぎようとしています。この措置により一般病床が約10%減少しましたが、当初はコロナ禍による受診控えや感染症の減少により入院患者数も減ったため何とかやりくりできておりました。しかし、この冬は血管系の疾病(脳卒中、心筋梗塞、大動脈解離等々)の救急患者さんや、がんの新規患者さんも前年の反動か増加しており、一般病床の稼働率は100%前後で推移する日が続いています。このため、急患の受け入れを三次救急(二次救急体制では対応できない、重症・重篤な救急患者)と当院にかかりつけの患者さんに限定せざるを得ないこともありました。そこで、このような状況を打破し断らない医療を守るために、令和4年1月より病院棟の個室Bを二人部屋に改装して運用することを決断いたしました。これによりCOVID-19専用病床を確保しながら一般病床数は削減した数の半分程度まで回復します。” Half a loaf is better than none. ”です。それでも、まだまだ苦しいベッドコントロールが続くことが予想されます。医師たちには毎朝のミーティングでベッドの現況を説明し、可能な範囲での退院の促進と検査・処置の日帰り化などを奨励し、看護部では主科にこだわらない弾力的なベッド運用の徹底、そして医療社会事業部では連携病院への転院のアレンジなどを引き続き進めてまいります。連携いただいている医療機関の皆さまには、ご無理を申し上げることもあろうかと存じますが、このような状況をご高察の上、お力添えをいただければ幸いです。

ところで、医療の現場ではいかなる手術や処置・検査にも一定のリスクはつきものであるということは常識で、それを踏まえて患者さん・ご家族には説明を尽くし、同意を得るというプロセスが重視されています。ところが、世間一般にはリスクが有る無しの二分法で考え、ゼロリスクが善で、なんらかのリスクをとることを悪とするような二元論を信奉する向きもあるようです。その場合、リスク評価と意思決定は直感や経験に基づいて、反射的かつ感情的に行われることとなります。このような風潮はコロナ禍において顕在化し、政府や自治体の感染症対策にも影響を及ぼしているように思います。昨年の秋、政府は第6波に備えた大幅な即応病床の増加を自治体に指示しました。COVID-19患者さんの自宅待機中での死亡など、悲惨な事例を受けてのこととは理解できますが、救急などコロナ以外の医療に及ぼすリスクを度外視した、数的目標ありきの病床確保に現場は違和感を覚えております。とにもかくにも、「強い要請」に応えて各医療機関がもはやギリギリの対応策をひねり出したところに来たのが、空床確保料の実質的な減額措置です。財務省の意向、あるいはマスコミから発せられた、一部の医療機関に対する「補助金による焼け太り」批判などが影響したのでしょうか。これだけ病院がたくさんあって、何故入院受け入れ病床が不足しているのか?という「素朴」な疑問を煽ることは簡単です。しかし、日本の医療政策が作り出した病床機能の差別化による私立病院のリソース不足や、政策医療により多数の重度心身障害者を受け入れている病院など、そもそも感染症患者診療に適していない施設の苦労などが報道されることは寡聞にして存じません。

しかしまあ、ここで補助金カットについて梯子を外されたと嘆いても始まりません。幸いにして私達徳島赤十字病院には、公立病院と違い補助金=税金に頼る病院運営をよしとしない気風があります。何とか半分のパンで生き残っていけるよう工夫したいと思います。

長引くパンデミックの中で、救急医療、高度先進医療、そしてCOVID-19診療のバランスをとって、地域医療に貢献していくための模索はまだまだ続きます。今、私たちが心がけるべきことは、政治的なバイアスや企業によるコマーシャリズムを排し、信頼できるソースから得られる科学的な情報によってリスクを分析し、意思決定していくことではないかと考えております。

2022年1月

院長挨拶

1981年徳島大学医学部卒。徳島大学第一内科に入局、テネシー大学ノックスビルメディカルセンター、徳島県立中央病院などを経て、1998年より徳島赤十字病院内科で消化器内科の拡充、造血細胞移植チームの立ち上げに携わった。2011年副院長を経て、2019年より院長。ライフワークは造血器腫瘍の免疫療法。医学博士。

徳島赤十字病院について

  • 名称徳島赤十字病院