お問い合わせ先contact

日本赤十字社 徳島赤十字病院

〒773-8502
徳島県小松島市小松島町字井利ノ口103番
電話番号:0885-32-2555(代)
FAX番号:0885-32-6350

当院への行き方access

当院への行き方を印刷
日本赤十字社 徳島赤十字病院への地図

駐車場のご利用について

駐車場利用は、原則24時間以内に限らせていただきます。入院患者さまご自身の駐車はご遠慮ください。やむを得ない事情により駐車される場合は、1日につき1,000円の駐車料金をいただきます。またご家族であっても、入退院時の送迎や手術日当日、当院からの要請でお越しいただいた場合を除き、有料となっています。ご協力をお願いします。

料金・支払い

  • 駐車後30分を過ぎると1時間につき100円
  • 10時間以上24時間以内 1日につき1,000円
  • 支払いは外来棟1階西側玄関横にある事前精算機をご利用ください
    (料金支払い後、20分までは無料)
  • 駐車場出口での支払いは硬貨および1,000円札のみ使用できます

駐車料金が無料になる場合

  • 駐車30分以内
  • 外来受診の方*1
  • 入退院時の送迎(各1回)*2
  • 当院からの要請でお越しいただいた場合*2

*1:外来棟2階「外来総合案内」「A・Bブロック受付」で駐車券をご提示ください
*2:病棟スタッフに駐車券をご提示ください

日本赤十字社 徳島赤十字病院の駐車場への地図

無人管理となっていますので、ご質問等ありましたら外来棟2階「外来総合案内」までお声かけください。

公共交通機関で来院される場合

JRでの来院

南小松島駅より徒歩約10分
JR四国 外部サイト 別ウィンドウで開く

バスでの来院

「日赤病院前」または「日赤病院玄関前」下車すぐ
とくしまバスNavi 外部サイト 別ウィンドウで開く

放射線科

概要summary

当院ではCT、MRI、核医学による画像診断を行っており、CT2台、MRI2台、PET-CT、SPECTを有し、1日あたり90~100名の画像診断を行っております。

CT装置

  • CT装置の詳細ページへ
    • Aquilion One(キャノンメディカルシステムズ株式会社)
    • SOMATOM SensationCardiac 64(シーメンスヘルスケア株式会社)
  • 認定資格:X線CT認定技師(3名)

MRI装置

  • MRI装置の詳細ページへ
    • INTERA Achieva 3.0T(株式会社フィリップス・ジャパン)
    • Ingenia 1.5T(株式会社フィリップス・ジャパン)
  • 認定資格:MR専門技術者(1名)

核医学装置

骨塩定量装置

マンモグラフィー 撮影装置

  • 認定資格:検診マンモグラフィー撮影認定診療放射線技師(5名)

血管撮影装置

  • Allura Clarity 20/15(株式会社フィリップス・ジャパン)
  • Trinias B8 Mix package(島津メディカルシステムズ株式会社)×3台
  • Artis QBA Twin(シーメンスヘルスケア株式会社)
    • ハイブリッドOP室
  • 認定資格:血管撮影・インターベンション専門診療放射線技師(3名)

一般撮影装置

  • RADSpeed Pro(島津メディカルシステムズ株式会社)
  • FPDシステム(富士フィルムメディカル株式会社)

ポータブル撮影装置

  • MobileArt Evolution MX 7(島津メディカルシステムズ株式会社)×2台
    • ワイヤレスFPD使用

TV装置

  • Ultimax-i octave(キャノンメディカルシステムズ株式会社)×2台
  • SONIALVISION G4(島津メディカルシステムズ株式会社)

超音波検査装置

  • LOGIQ9(GEヘルスケア・ジャパン株式会社)
  • F37(株式会社日立製作所)
  • Aplio 400(キャノンメディカルシステムズ株式会社)
  • ARIETTA 850 SE(日立ヘルスケアシステムズ株式会社)

疾患と治療法disease and treatment

IVR

IVR(アイ・ブイ・アール)とは、さまざまな医療現場で活躍の場を広げている治療法です。正確には「Interventional Radiology = インターベンショナルラジオロジー」、日本語では「画像下治療」と訳されています。いわゆる「切らずに治す」という治療法の代表格の一つです。具体的には、X線(レントゲン)やCT、超音波(エコー)などの画像診断装置を使って体の中を透かして見ながら、カテーテルと呼ばれる細い管を入れて、標的となる病気の治療を行います。場合によっては生検針と呼ばれる組織採取用の針を入れて、診断を行うこともあります。
IVRでは外科手術のように胸やお腹を切ることなく、体の奥にある血管や臓器の治療ができます。このため、患者さんの体への負担が少ないことが特徴です。また、針やカテーテルを入れる傷口は数ミリと小さく、傷口を縫う必要がないため、傷もほとんど残りません。
1980年代に米国で始まった技術で、日本では1980年代の中ごろから広まりはじめ、現在では様々な病気に対して活用されています。
当科では早くからIVRを導入しており、県内では有数の施行件数を誇っています。IVRの活躍の場は広く、当院では以下のようなIVRを各科と共診で施行しています。

  • 肝細胞がんに対する肝動脈塞栓術、ラジオ波焼灼療法
  • 交通外傷などによる出血に対する経カテーテル的止血術
  • 内臓動脈瘤に対する経カテーテル的塞栓術
  • 血液透析シャントの狭窄や閉塞に対する経カテーテル的血管拡張術
  • 膿瘍に対するドレナージ術
  • 子宮筋腫に対する子宮動脈塞栓術
  • 腫瘍に対する経皮的生検術
  • 原発性アルドステロン症に対する副腎静脈サンプリング
  • リンパ漏に対するリンパ管造影、リンパ管塞栓術
  • CVポート留置やPICC留置など

実績achievement

  • 検査

CT検査

CT検査件数

MRI検査

MRI検査件数

核医学検査

核医学検査

骨塩定量検査

骨塩定量検査

マンモグラフィー撮影

マンモグラフィー撮影

アンギオ(血管造影法)

アンギオ(血管造影法

X線単純撮影人数

X線単純撮影人数

ポータブル撮影件数

ボータブル撮影件数

TV検査

TV検査

超音波検査

超音波検査
  • IVR

2020年度IVR施行件数

2020年度 IVR施行件数