お知らせ
トップページお知らせ

令和2年度救護員主事研修に参加しました

2020年09月18日

9月17日、とくしま赤十字災害救護サポートセンター(徳島市)で行われた、日本赤十字社徳島県支部主催の救護員主事研修に当院から5名が参加しました。この研修は、南海トラフ巨大地震などの災害発生時に救護班の活動拠点となる同センターにて、救護員主事として必要な知識と資材等の取扱を習得し、救護体制の強化を図ることを目的として実施されました。
災害時に重要となる通信については、講義とトランシーバーを使用した実習を行い、班に分かれて災害発生状況を伝える手順を確認したほか、災害対策本部業務で重要な記録については、スタッフが読み上げるシナリオに沿いクロノロジー(時系列活動記録)に記載する方法を確認し、重要性を理解しました。午後からは、救護所等で使用するDRASH(天候万能型テント)の設営訓練を実施。救護員主事同士が声を掛け合い、リーダーの指示のもと設営及び撤収を行い、実践さながらの訓練となりました。
研修を終えた主事からは、「トランシーバーによる通信やクロノロジーは、何度も実習を行い覚えることが大切だと感じた。有事の際には的確な指示や迅速かつ円滑な救護活動が行えるよう今後も訓練や研修を重ねたい。」と力強い声が聞かれました。

  • 令和2年度日本赤十字社徳島県支部救護員主事研修
  • 令和2年度日本赤十字社徳島県支部救護員主事研修
  • 令和2年度日本赤十字社徳島県支部救護員主事研修