お知らせ
トップページお知らせ

11月30日 赤十字の国際活動に関する講演会を開催しました

2018年12月12日

「あらゆる状況下で生きる人々とともに ~赤十字の国際救援活動から~」

第46回フローレンス・ナイチンゲール記章を受賞された伊藤明子氏(名古屋第二赤十字病院 副院長兼看護部長)を迎え、赤十字の国際活動に関する講演会を開催した。1988年のベトナム・カンボジア派遣を始め、主に紛争地帯での活動体験を紹介。現地の過酷な状況に会場からはすすり泣きが漏れた。伊藤氏は「性別や宗教上の問題が活動の障壁になることもある。多文化への理解と尊重が重要である」ことなどを話された。「今も世界のどこかで、5歳未満の子どもが1日に6,000人も栄養不良でなくなっている現実がある。世界を見て、自分の身の回りで、赤十字の理念を基に人として何ができるかを考え、行動していただきたい」と結んだ。

講演会
講演会