メッセージコーナー

先輩看護師の対談

徳島赤十字病院を選んだ理由は?

中川(雅)
徳島県で唯一の高度救命救急センターであり、自分の目指す看護が出来ると思いました。

宮本
看護学生の頃から、ERやICUなど救急部門に興味があり、一年間の研修制度で、救急部門に必要な知識や技術を学べると感じたからです。

中川(美)
実習の際に、病院全体で「育てる」という環境を肌で感じ、看護師一年目はこの病院で学びたいと思いました。

大林
助産師として働く前に、ローテーション研修で様々な分野について学びたかったからです。

2年目 宮本 裕己看護師

実際に研修を受けて、感じたことは?

中川(雅)
ローテーションすることで、それぞれの部署の特殊性が分かり、自分に合った領域を見付けることが出来ると思いました。

宮本
認定看護師や資格を持った看護師が多いので、より専門的な看護を学ぶことができ、一年間で多くの経験を積むことが出来ました。

中川(美)
様々な部署を回ることで不安もありましたが、それ以上に一つ一つの部署で学べることが多く、部署間の学びを結びつけることで成長出来たと思います。

大林
救急部門を含め、一般病棟を二ヶ所ローテーションすることで、それぞれの特徴を知り、看護の幅を広げることが出来ました。

2年目 中川 美季看護師

先輩看護師には指導を受けやすい雰囲気ですか?

中川(雅)
先輩看護師の方から声をかけてくれるので、些細な事でも質問しやすかったです。

宮本
優しく指導していただき、先輩看護師の知識や技術を身近に感じることが出来ました。

中川(美)
研修看護師は聞いて当たり前という雰囲気があり、疑問に思ったことはその都度質問出来ました。技術面も、より良い方法を実践の場で教わることが出来ました。

大林
検査や処置の機会を優先的に計画してくれるなど、学びやすい環境だと思います。

2年目 大林 優紀助産師

休日はどのように過ごしていますか?

中川(雅)
友人と遊んだり、家でゆっくり過ごしています。院内の野球部に所属し、楽しく汗を流してリフレッシュしています。

宮本
病態や薬剤について、院内の図書室や自宅で勉強していました。また、友人と旅行や食事に行って気分転換しています。

中川(美)
同期とランチに行ったり、関西方面に買い物に出かけます。ローテーション直後は、同じ部署の同期と勉強して過ごすことも多かったです。

大林
趣味の習い事に行ったり、旅行にもよく行きます。寝ることが好きなので思う存分寝ています。

2年目 中川 雅也看護師

看護師を目指す学生に一言!

中川(雅)
やりがいのある仕事だと思います。

宮本
看護師として大きく成長できる場だと実感しています。

中川(美)
同期で支え合いながら、皆で成長出来ます。

大林
学生時代の学びは自分の強みとなる貴重な財産です。

全員
充実した研修制度と温かいスタッフが皆さんを待っています。ぜひ、私たちと一緒に成長していきましょう。