看護部紹介

5階南病棟

病棟紹介

5階南病棟は、主に産婦人科・整形外科・脳神経外科の混合病棟です。産科(妊産婦、出産後の母子)・婦人科チームと整形外科チームの2チームを構成し、患者様の入院生活のサポートをしています。

私たちの目指す看護

私たちは、患者様とご家族が安心できる入院環境を提供するため、安全で確実な知識・技術の研鑽と、各職種が専門性を発揮して最善のチーム医療を提供するチームワークをモットーに日々の看護に取り組んでいます。患者様ひとりひとりに寄り添った、温かく、より質の高い看護を目指します。

病棟の特徴

産科・婦人科・整形外科・脳神経外科の混合病棟です。

産科・婦人科

分娩件数は年間約600件で、2011年に地域周産期母子医療センターとして認定され、緊急性の高い急性期のケアを365日24時間行い、その役割を遂行しています。そして、正常分娩、帝王切開、低出生体重児、病児など当院で生まれたすべての赤ちゃんが、平等にお母さんとの絆を深められるよう、昼夜問わず同等同量のきめ細やかなケアに取り組んでいます。入院は経腟分娩で産後4~5日間、帝王切開で術後6~7日間です。
2019年度の手術件数は428件、うち緊急手術は84件で緊急時も迅速かつ的確に対応しています。入院期間は3~7日と早期の社会復帰が可能です。子宮筋腫や卵巣のう腫、子宮がん、卵巣がんの手術を主に行っています。また、子宮がんや卵巣がんなどのがん患者様の化学療法(抗がん剤治療)は、外来治療と1~2泊の入院治療を行っています。

整形外科

主に、骨折や交通事故による多発外傷、膝、肩などのスポーツ外傷の患者様を受け入れています。患者様の年齢層は幅広く、80歳から90歳代の患者様も多いため、全身管理のもとで手術を受けていただいています。また、日常生活機能の早期回復・社会復帰に向け、理学療法士やケースワーカー等と協働し、チーム医療に取り組んでいます。

脳神経外科

主に脳血管障害(脳梗塞・脳内出血・脳動脈瘤)や頭部外傷などで、検査入院や軽症の方を受け入れています。病状により、手足が動かなくなったり、言葉が話せなくなったりなど日常生活の機能が失われるため、理学療法士・言語聴覚士等と協働し回復に向け、チーム医療に取り組んでいます。

病棟案内

電話相談

  • 退院5日目に電話訪問をしています。
  • 1ヶ月健診までは、育児相談もできます。
  • 産後2週間健診
    2019年11月から産後2週間健診を実施し、出産後の母子への支援を行っています。出産後の母の身体的・精神的ケアや育児相談、赤ちゃんの成長の様子を見せていただき、退院後も継続してケアを行っています。