研修医のページ

2021年度 徳島赤十字病院専門研修プログラム説明会

2021年度の専門研修プログラム説明会を下記のとおり開催いたします。
研修医の皆さまの多数のご参加をお待ちしております。ポスターはこちらをご覧ください。

1.日時 2020年8月4日(火)16時~17時
2.場所 徳島赤十字病院 病院棟4階 401会議室
3.募集診療科 内科、整形外科、救急科、外科、泌尿器科
※但し、徳島大学専門研修プログラムに登録
4.申込 7月31日(金)までに、下記メールアドレスまたはお電話にてお申込みください。
徳島赤十字病院 教育研修課
TEL:0885-32-2555
E-mail:kyoiku1@tokushima-med.jrc.or.jp

専攻医募集

当院は、病院理念である"断らない医療"に基づき、県下で最も多くの重症救急患者を受け入れていますので、症例数が非常に豊富であることは論を俟ちません。さらに、トップクラスの技術と見識を持った指導医が熱心に指導する伝統があり、それを組織がハイブリッド手術室やラピッドレスポンスカーなどの先進医療体制を整備して支えています。
私たちは、専攻医の皆さんが充実した研修の時を過ごしていただけるよう、全力でサポートすることを約束します。

2021年度専攻医 募集要項

当院では、「内科」「整形外科」「救急科」「外科」「泌尿器科」の5領域で専門研修を開始します。
5領域の募集要項を掲載いたしますので、ご確認ください。
病院見学は随時受付けておりますので、病院見学フォームより、お申込みください。

研修年限及び募集定員

内科領域: 令和3年4月1日から3年 募集定員 3名
整形外科領域: 令和3年4月1日から4年 募集定員 3名
救急科領域: 令和3年4月1日から3年 募集定員 3名
外科領域 令和3年4月1日から3年 募集定員 4名
泌尿器科領域 令和3年4月1日から4年 募集定員 2名
  ※但し、外科と泌尿器科は徳島大学専門研修プログラムに登録

研修内容

各専門研修プログラムをご確認ください。

内科領域(PDF) 整形外科領域(PDF) 救急科領域(PDF) 外科領域(PDF) 泌尿器科領域(PDF)

応募資格

令和3年3月初期臨床研修修了予定者(令和元年医師免許取得者)

提出書類

  1. 履歴書(当院指定様式)
  2. 医師免許証・保険医登録票の写し
  3. 初期研修修了見込証、または在職証明

募集と採用試験

登録期間:日本専門医機構のスケジュールによる
※採用試験日は個別に案内をします。

選考方法

面接

採否結果発表

日本専門医機構のスケジュールによる

身分

徳島赤十字病院専攻医(正職員)

待遇

当院の規定による

  1. 給与月額:471,660円(平成30年度実績・医師免許取得3年目・医師確保調整手当含)
  2. 賞与:年2回
  3. 諸手当:住居、扶養、通勤、当直、時間外手当等支給
    ※住居手当=本人名義で借りた場合に、家賃の額に応じて支給 但し、上限28,500円
    ※扶養手当=扶養親族1人目は13,000円、2人目以降1人につき6,500円
    ※通勤手当=自宅までの距離が2㎞以上の場合、距離に応じて支給

    給与 月収 賞与 年収 備考
    約70万円 約120万円 約1,000万円 ※月収に含まれるもの
    ・医師確保調整手当
    ・宿日直料(月3回程度)
    ・時間外手当平均40時間
    ※(3)諸手当は、それぞれの条件に合致した場合に支給
  4. その他:有給休暇、社会保険等加入、学会出張可(規程による)、互助会、院内保育所あり。

問い合わせ先及び書類送付先

徳島赤十字病院 教育研修課
〒773-8502 徳島県小松島市小松島町字井利ノ口103番
TEL:0885-32-2555(内線3422)
FAX:0885-32-6350
e-mail: kyoiku1@tokushima-med.jrc.or.jp

専攻医からの声

当院で初期研修後に、外科研修プログラムを専攻しております。手術やER診療、病棟管理から術後の集中治療まで幅広く研修を積ませていただいております。
外科医は、手術だけではなく術前・術後の管理も行い幅広く総合的に患者を診ていけるため、やりがいのある科です。当院では内科や救急科など様々な科との連携もとれており、スムーズなコンサルトが行える環境であるため、働きやすい環境であると感じております。
専攻医となり、主治医として患者様を治療させていただき、色々な壁にぶつかることもありますが、一緒になって悩んでくださる先輩がたくさんいますし、他の領域の先生方に相談しやすい環境があります。2021年度から皆さんと一緒に働き、切磋琢磨できることを楽しみにしております。

外科専攻医 福田 美月