乳腺外科

乳腺外科

乳がんをはじめ、乳腺の良性腫瘍、乳腺症、乳腺炎など乳腺に関する疾患全般について診療を行なっています。乳腺良性疾患に対しては、手術を含めた治療の必要性の有無、経過観察の必要性の有無をしっかりと鑑別し、適切な対処や治療が行えるよう力を入れております。
乳がんは早期発見によって90%以上が治せる病気です。また、早期ではなくても他のがんに比べると、治療によって治る可能性は高いがんです。乳がんの治療においては、手術をはじめ、抗がん剤やホルモン剤、分子標的治療薬などによる薬物治療、放射線療法などさまざまな治療の組み合わせが重要になります。個々の症例に応じた細かな配慮を行ない、それぞれの患者さまに納得して治療を受け入れていただけるよう努力しています。

乳腺疾患の主な検査

マンモグラフィー

乳房のレントゲン検査です。乳房内しこりのレントゲン像や早期乳がんに伴う小さい石灰化があれば、見つけることができます。乳房を圧迫して接線方向に撮影するために、被曝量は少ないです。
当院では、女性技師による撮影を行っています。

乳房超音波検査

超音波により乳房内の数mmの微細病変の診断が可能です。乳腺のしこりの血流を画面上にカラー信号として映し出せます。最近は硬度も計測できるようになり、乳がんの診断をより確かなものにしています。

乳腺造影MRI

乳がんの広がり診断や、マンモグラフィーや超音波では見つけにくい病変を見つけるのに有用です。造影剤を使用し、検査の所用時間は約30分です。

CT・骨シンチ

がんの遠隔転移の診断に有用です。

穿刺細胞診

乳腺病変を採血用の細い針で刺して診断する方法です。簡便で侵襲が少なく、有効な検査方法です。

針生検術

乳腺病変を病理学的に診断する生検法です。局所麻酔を使います。良性・悪性の診断には欠かせない検査です。悪性の場合は乳がんのタイプも診断できます。

乳がんに関する先進・特殊医療

乳腺腫瘤画像ガイド下吸引術

乳がんの診断は採取組織が大きいとより正確な診断が可能です。当院は乳腺腫瘤画像ガイド下吸引術実施に必要なバコラ(R)を有しています。

病理診断

乳腺診療にあたり、病理診断のレベルは非常に重要です。当院は乳腺腫瘍病理診断に精通した病理医を有する万全の体制をとっています。

センチネルリンパ節生検、CTガイド下リンパ管造影

わきのリンパ節転移が画像上ないと思われる場合は、センチネルリンパ節(がん細胞が一番最初にたどり着くリンパ節)を摘出し調べます。術前にリンパ管を造影し、CTでセンチネルリンパ節の位置を確認します。

乳房再建術

乳がんの手術によって変形または失った乳房の形態を取り戻すことを「乳房再建」と言います。乳房再建には自家組織を用いる方法と、人工乳房による方法があり、形成外科が担当します。再建方法や時期については、病状や術後の治療方針を考慮した上で決める必要があります。

化学療法

当院は外来化学療法室を有し、専任の看護師や日本医療薬学会認定がん指導薬剤師が対応にあたっています。たとえば、EC療法、TC療法、パクリタキセル週1回療法、ドセタキセル療法、ハーセプチン療法などの化学療法を実施しています。

放射線治療

当院は放射線治療機器(リニアック)を有しています。日本医学放射線学会放射線治療専門医が常勤で在籍しており、きめの細かい対応が可能です。

主な手術件数

  2012年 2013年 2014年 2015年 2016年 2017年 2018年 2019年
原発性乳癌手術件数 20 18 35 42 53 56 78 83
うち術前化学療法症例   1 3 8 9 8 5 12
温存手術件数 11 7 17 29 37 19 42 45
温存率(%) 55.0% 39.0% 48.6% 69.0% 69.8% 33.9% 53.8% 54.2%
乳房再建件数   1 1 2 3 9 10 3
新規乳癌患者数 30 22 47 46 54 61 88 97
うち手術数 25 16 41 42 45 54 83 91
うち非手術数 5 6 6 4 9 7 5 16

関連リンク

疾患データベース症例登録ご協力のお願い