薬剤部

薬剤師外来・外来化学療法

薬剤師外来

 2017年4月より、薬剤師外来を本格運用いたします。専門的な知識と経験を持つ薬剤師が医師らと連携し、がん患者さんのサポートや相談をおこないます。

 近年、がん化学療法は著しく進歩しており、がん患者さんに使用できる薬剤が多く承認され治療選択の幅が広がりました。これに対して副作用は患者さんの不安の一つであり、従来の抗がん剤では、骨髄抑制や悪心・嘔吐、便秘・下痢などの副作用が多く確認されていましたが、副作用対策の薬物療法の進歩により、少しずつ緩和されてきました。一方で最近の分子標的薬では高血圧や皮膚障害など新たな副作用が報告されており、治療とうまくつきあっていくためには患者さんにも自宅で実施していただく副作用対策が重要です。

 薬剤師外来では、これらがん化学療法(分子標的薬を含む)を実施している患者さんを対象として、薬剤による副作用や患者さんが苦痛を感じている症状について、薬剤師が医師の診察前に面談を行い、患者さんとともに副作用対策を考えます。面談の結果、薬物療法で副作用や症状が緩和できる場合には、患者さんの臓器機能や併用薬を確認した上で適切な薬剤を医師へ提案し、医師とともに患者さんに最適な治療を提供できるようサポートいたします。

 また、痛みや息苦しさを緩和するために医療用麻薬を使用中の患者さんには、来院ごとに体調をうかがい、薬剤の使用頻度や使用した後の使用感、それぞれの薬剤に対する副作用を確認いたします。その情報は医師や看護師、心理士、栄養士、ソーシャルワーカー、理学療法士と共有しながら、患者さん一人一人がその人らしく、ご自宅での日常生活をおくれるよう支援いたします。

対象
原則的に医師から薬剤師外来に紹介された患者さんが対象です。
血液検査を済ませた後、診察までの待ち時間に面談します。
場所
外来棟2階Aブロック予診室1・2(暫定)
開設日時
外来受診日に開設しています。
担当スタッフ
組橋 由記 がん専門薬剤師
福島ゆかり 薬剤師
萩 歩美 薬剤師

外来化学療法

 患者さまに普段の生活を送っていただきながら、抗がん剤治療を継続していけるようサポートするのが外来化学療法室の役割です。

 薬剤師は抗がん剤の投与量が決定されると、患者さまの臓器機能、水分の摂取状況、日常生活への支障の程度、患者さまとご家族のご希望などを確認し、投与量、投与間隔が適切であるか確認しています。治療が開始される前には薬剤師が治療スケジュール、副作用とその発現時期、副作用への対応、日常生活の注意事項などを説明いたします。治療中、患者さまは抗がん剤による副作用を自宅で経験することになります。できるだけ不安にならずに、また適切な対応を自宅でもできるように詳しく説明します。 また点滴中には、患者さまのベッドサイドで副作用を確認したり、副作用への対応を説明したり、治療に対する患者さまの疑問や不安を解決できるよう関わっています。必要と思われれば、医師へ副作用に対応する薬剤の提案も行います。

 外来化学療法室では多くの患者さまが継続して治療を受けておられます。ひとりひとりの患者さまの情報を的確に把握し、不安や疑問が適切に解決できるよう、看護師、臨床心理士とともに毎朝ミーティングを行っています。薬剤に関する疑問点は薬剤師が解決いたします。毎週水曜日は、医師、看護師とともに患者さまひとりひとりの治療について検討しています。多職種で連携し最良の治療を患者さまに提供できるよう、薬剤師も関わっています。