精神科

精神科

特色

当院には精神科病床や精神科外来はありません。非常勤精神科医3名、公認心理師3名が他科の依頼に基づいて患者さまやそのご家族の相談に応じています。

心理カウンセリング

身体的な疾病から二次的に不安や気分の落ち込みが強まった患者さまや、そのご家族が安心して治療を受けることができるよう援助させていただきます。心の悩みや心配ごとについてご相談ください。

小児心身症

腹痛や頭痛などの症状に、ストレスが関係している可能性があるお子さまに対して、治療を行います。小さなお子さまの場合は、遊びを通した治療でストレスの解消や解決を目指します。必要に応じて、お子さまの成長を心配される保護者の面談も実施することがあります。また、お子さまの特徴を理解するために知能検査や性格検査を行うことがあります。通常は、主治医の依頼にもとづいて実施し、結果はお子さまと保護者の方にお伝えします。

緩和ケア

がん疾患による心理的な苦痛を和らげる支援をしています。入院中に「眠れない」「食べたくない」「気持ちが憂鬱で元気が出ない」などの症状がある場合は、精神科医と連携して、ご相談させていただきます。
公認心理師は、医療・がん相談支援センターの相談員を兼任しています。がんと診断された、治療の悩みや不安について相談してみたい方や、当院で開催される患者会にご興味のある方は、医療・がん相談支援センター窓口までお越しください。

心理検査

カウンセリングでは、早期にうつ病やストレス障害を発見するために各種心理検査を実施しています。また脳ドックや脳神経外科外来では高次脳機能検査を行っています。

メンタルヘルス相談

当院職員を対象に相談を行っています。仕事(業務内容、職場の人間関係など)だけでなく、生活(子育て、家族関係など)の悩みについても対応しています。また、院内外でメンタルヘルスやハラスメントに関する講演や研修会を行っております。

※当院では、全ての診療科で依頼に基づいて、カウンセリングを実施しています。当院に入院中、あるいは外来通院中の患者さまで、公認心理師によるカウンセリングを希望される方は、主治医やスタッフにお声かけください。

診療科のご紹介