医療・がん相談支援センター

地域がん診療連携拠点病院について

地域がん診療連携拠点病院認定証

 徳島赤十字病院は、2007年1月31日付で「地域がん診療連携拠点病院」の指定を受け、2015年3月31日付で指定更新を行いました。(徳島県南部保健医療圏)

 厚生労働省は、「第3次対がん10か年総合戦略」において、全国どこでも質の高いがん医療を受けることができるよう、がん医療の均てん化(全国どこでもがんの標準的な専門医療を受けられるよう、医療技術等の格差の是正を図ること)を戦略目標に掲げ、地域における連携を図りつつ、質の高いがん医療を受けることができる体制を確保するため、「地域がん診療連携拠点病院」の設置を進めて参りました。

 厚生労働大臣が、都道府県知事からの推薦を受け、整備指針に基づき指定します。各都道府県に対し、都道府県単位で1施設の「都道府県がん診療連携拠点病院」と2次医療圏に1か所の「地域がん診療連携拠点病院」の設置を求めております。

都道府県がん診療連携拠点病院 徳島大学病院<徳島県全体>
地域がん診療連携拠点病院
※二次医療圏内に1か所
徳島県立中央病院<徳島県東部保健医療圏>
徳島市民病院<徳島県東部保健医療圏>
徳島赤十字病院<徳島県南部保健医療圏>
地域がん診療病院 徳島県立三好病院(徳島県立中央病院とのグループ申請)
<徳島県西部保健医療圏>

 地域がん診療連携拠点病院に指定された病院の役割は、1.専門的ながん医療の提供等、2.地域のがん診療の連携協力体制の構築、3.がん患者に対する相談支援及び情報提供等を行うことになっています。

 上記の役割の一つである「がん患者に対する相談支援及び情報提供」を行うため、徳島赤十字病院では「医療・がん相談支援センター」を設置しています。

 徳島赤十字病院では『がん』に関する相談を医療・がん相談支援センターでお受けいたします。がん患者様ご本人やご家族の方からの病院や治療法への不安、毎日の過ごし方や、痛みを和らげる「緩和ケア」などについて、専門の相談員が無料で相談をお受けいたします。

  なんとなく不安だけれど医師には聞きにくいこと、よく分からないまま受けている治療、今後の生活への不安等、さまざまな問題解決のお手伝いさせていただきたいと思います。まずは、お電話かFAX、e-mailでご予約ください。

 徳島赤十字病院医療・がん相談支援センターは『がん』と闘う皆様を全力で支援いたします。

※注 個人情報に該当する内容は、患者様の同意が無い場合にはお答えできませんのでご了承ください。

医療・がん相談支援センターの地図
地域国際交流スペース
相談日 月曜日~金曜日
(土曜・日曜・祝日、創立記念日(5/1)、年末年始(12/29~1/3)は除く)
受付時間 9:00~16:00
相談場所 病院棟1階地域国際交流スペース内
相談時間 直接面談 60分、電話相談 20分
相談料 無料
電話番号 0885-32-2555(内線:3167)
FAX 0885-32-0719
e-mail sien@tokushima-med.jrc.or.jp
相談方法 原則的に電話・FAX・メールでご予約ください。
直接ご来院される場合は医療・がん相談支援センター (病院棟地域国際交流スペース) または外来総合案内までお越し下さい。

医療・がん相談支援センターの体制(相談担当者:13名 2017年4月1日)

医療・がん相談支援センター長 兼任 副院長
相談員 兼任 第一小児科部長
兼任 薬事管理課長(がん専門薬剤師)
兼任 看護副部長(がん看護専門看護師)
兼任 看護係長(皮膚・排泄ケア認定看護師)
兼任 看護師(がん化学療法看護認定看護師)
兼任 看護師(がん性疼痛看護認定看護師)
兼任 管理栄養士(NST専門療法士、がん病態専門管理栄養士、病態栄養認定管理栄養士)
兼任 心理判定員(2名)
兼任 医療社会係長
専任 心理判定員
専従 社会福祉士(認定社会福祉士・医療分野、認定医療社会福祉士、認定がん専門相談員、救急認定ソーシャルワーカー)

医療・がん相談センターの役割

1. 医療相談

診断や治療に関する医療相談、医療費、福祉、介護サービス等の相談をお受けいたします。

2. 退院調整

主治医や病棟の看護師と協働し、自宅や地元の医療機関(かかりつけ医、訪問看護等)へ移行した場合に不都合が生じないように退院の準備をいたします。

3. 在宅療養支援

外来通院中・在宅療養中の患者様に必要な医療を継続できるように支援いたします。

4. 情報発信・情報提供

患者様・ご家族に対する医療情報の提供、地域医療機関との勉強会の開催など、がん医療に関する情報発信・情報提供を行います。

5. 医療連携

かかりつけ医、地元の医療機関と連携を図り、円滑な紹介や逆紹介を進める。また、セカンドオピニオンの相談・申込に対応いたします。

相談担当者の役割

  1. 相談者(患者様・ご家族)のニーズの明確化を図ります。

  2. 相談者(患者様・ご家族)がよりよい治療をうけられるような、
    また、その環境を整えられるサポートを行います。

  3. 担当医とのよい関係が保てるようサポートを行います。

  4. 相談者の力を増幅し、
    主体的行動を促すようなサポート(エンパワーメント)を原則とします。

  5. それぞれの職種の守備範囲を考慮し、必要時他部門や他施設に依頼します。

  6. 相談員やその他に関するクレームについても対応します。

  7. がん相談に必要な知識や最新情報の習得に務め、
    相談者のニーズに合わせた対応ができるよう自己研鑽します。

相談方法

1. 案内

インターネット・院内放送・案内パンフレット・広報誌などを通して患者様・ご家族・地域住民・医療福祉関係機関担当者に案内します。

2. 受付

医療・がん相談支援センターの地図
地域国際交流スペース
  • 電話・FAX・メールでの予約は専従相談員が受け付けます。
  • 入院患者様は病棟看護師が受け付けます。
  • 直接来院した場合は外来総合案内で受け付けます。

3. 担当者の決定

相談室で受け付けた情報により、担当者や個別面談日を決定します。

  • 電話・FAX・メールでの予約を専従相談員が受け付けた場合
    相談者と電話で相談内容の確認を行い、相談担当者の決定や個別面談日時を決定します。
    相談内容により電話での問い合わせで終了することもあります。

  • 入院患者様を病棟看護師が受け付けた場合
    相談担当者の決定や個別面談日時を決定します。
    緩和ケアチームと連携を図ります。

  • 直接来院した場合
    外来総合案内での直接相談で終了することもあります。
    継続したフォローが必要な場合は相談担当者の決定や個別面談日時を決定します。

相談の流れ

相談の流れ

相談記録

相談記入シートに記入し相談室で厳重に保管します。

※記入された個人情報については、個人情報に関する法令及びその他の規約等を遵守し、情報漏洩や不正が生じないよう万全の体制のもと適正にお取扱いいたします。

個人情報保護方針

相談員会議

相談員会議の様子

相談内容や解決方法の情報を集約・分析し、その結果の共有によりサポートの質の向上を図ることを目的に1回/月開催します。

地域におけるかかりつけ医との緩和医療の連携

近藤内科病院(外部サイト)
徳島ロイヤル病院(外部サイト)
碩心館病院(外部サイト)
小松島金磯病院(外部サイト)
江藤病院(外部サイト)
亀井病院(外部サイト)
勝浦病院(外部サイト)